HOME>特集>【求人情報も満載】社会貢献に役立つ介護の仕事!

【求人情報も満載】社会貢献に役立つ介護の仕事!

人形

介護職の人手不足

介護職は現在人手不足とされています。特に若い世代の働き手が足りていないという問題があるのです。現在の少子高齢化問題に沿って、こうした人材不足は介護の現場ではかなりの痛手となっていますが、その分就職先は多く採用もされやすいというメリットもあります。人の役に立ちたい、社会貢献を行ないたいという方がいるのであればぜひ介護の求人に応募してみましょう。

介護職のやりがいや魅力

  • 担当している人から感謝される
  • 社会貢献に役立っていると感じる
  • 性別問わずキャリアアップしやすい
  • 働き口が多い

様々な職業

介護の仕事といっても様々な職種があります。介護のプロである介護福祉士から始まり、ホームヘルパー、ケアマネージャーなど介護に関するいろんな仕事があるので、どの仕事が何をしているのかを知っておくようにしましょう。

介護系の職業

介護

介護福祉士

介護系の職業として介護福祉士があります。介護福祉士は数ある介護職の中でも唯一の国家資格となっており、高い介護技術と専門知識を持っている方のみ合格する資格なので介護のプロフェッショナルと言えるでしょう。

訪問介護スタッフ

訪問介護スタッフは別名ホームヘルパーとも呼ばれています。ホームヘルパーは訪問介護を専門としている介護職となっており、自宅介護が必要な方にとって重要な職業となっているのです。

ケアマネジャー

ケアマネジャーは直接介護を行なう仕事ではなく、個人の介護をプランニングする仕事に近いです。介護現場では司令塔のような役割を担い、介護をよりよくするために働きかけることが業務内容になっています。

生活相談員

生活指導員は老人ホームの入居や生活において困ったことが無いかなどの、身の回りのトラブルを対処するのが役目となっています。介護福祉士が直接的な介護を行ない、メンタル的な部分を生活相談員が対応するという流れが多いですね。

理学療法士

理学療法士は生活に必要な基本的な動きをサポートする職業となっています。基本的な行動も年を取ると難しくなってくるため、理学療法士がそれらの動きをリハビリで緩和させ運動機能を向上させるのです。

広告募集中